歯の投資早いうちから始めよう!体に及ぼす悪影響やケア方法を解説!

こんにちはゆずゆです。

歯周病とは、中年以降の日本人の80%がかかっている病気です。

さらに歯周病菌は口の中だけでなく、全身の健康にも悪い影響を及ぼしていることがわかっています。

「いやいや毎日歯磨いてるから大丈夫でしょ!」

「あたしは電動歯ブラシ使っているから、歯周病や虫歯になんてなる訳ない!」

と思っていませんか?

そこで今回は歯周病の怖さや、歯の健康を維持するためのポイント、電動歯ブラシの効果について解説していきます。

ぜひ最後まで読んで頂けると嬉しいです。

目次

いちばん怖いのは歯周病?

歯のケアを怠ると、虫歯や歯周病の原因になります。

虫歯は、虫歯菌によって歯が溶かされた状態のことをいいます。

虫歯の特徴として「熱いものや冷たいものを口にふくむと歯がしみる」「痛みが持続する」「叩くと響くような鋭い痛み」などの症状がでます。

一方歯周病とは、歯周病菌によって引き起こされる炎症性疾患のことをいいます。

磨き残しがあると、歯と歯肉の境目に歯垢が蓄積していきます。

そこから歯肉の周りが炎症し、赤くなったり腫れたりします。

しかし怖いのが、この時の痛みはほとんどの場合ないことです。

そこからさらに進行すると、ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が動くようになり、最後には歯が抜けてしまうのです。

さらに歯周病の怖さは、歯を失うことだけではありません。

歯周病による病気のリスク

  • 狭心症・心筋梗塞

  • 脳梗塞

  • 糖尿病

  • 妊娠性歯肉炎

  • 低体重児出産

  • 早産

  • 誤嚥性肺炎

  • 骨粗しょう症

こうした有名な病気から、妊娠時にも悪影響を及ぼすことがわかっています。

なぜ歯周病が病気のリスクに関係するの?

歯周病によって発生する炎症の物質が血流にのり、全身に運ばれていくためです。

本来細菌は、口の中の粘膜により体内に侵入することを阻止してくれます。

しかし歯周病により歯周ポケットが深くなると、内側からただれたり傷などができてしまいます。

そこから細菌が入り込み、全身の病気に悪影響を及ぼしていくのです。

そもそもほとんどの病気は、口からはじまっていると言っても過言ではないようです。

歯の健康を維持するためのポイント!

  • 歯医者での定期健診
  • 普段の口腔ケア

この2つの積み重ねが大切なポイントとなります。

歯医者での定期健診

歯医者での定期検診は、一般的に3~6ヶ月に1度の受診が適切といわれています。

口の状態や年齢、虫歯や歯周病へのなりやすさによって、適切な受診頻度は変わってきます。

定期検診の主な目的は、虫歯や歯周病の兆候がないかを調べることです。

+αで検査と同時にフッ素塗布やブラッシング指導、歯のクリーニングなども保険適用で受けることができます。

日本人は諸外国と比べて歯への美意識が低いと言われており、歯医者へ行く人も少ないと言われています。

さらに日本の歯医者は手頃すぎるがために、虫歯になったら歯医者へ行けばいいという安易な考え方の人が多いようです。

これを機に、半年に1度だけでも定期健診に通うことをおすすめします。

普段の口腔ケア

普段から歯磨きと歯間掃除をしっかり行うことが大切です。

歯のケアとして、これ以上の予防策はありません。

こうした普段からの口腔ケアとして歯科医は、電動歯ブラシとフロスを使用することを推奨しています。

電動歯ブラシは、手動の歯みがきだけでは落としきれない歯の汚れが落ちるという触れ込みにより、近年人気を集めていますね。

歯間掃除のケアとしては、歯間ブラシよりフロスの方が歯茎を傷つけにくいためおすすめです。

電動歯ブラシの効果は?

では実際、電動歯ブラシは本当に効果があるのでしょうか?

電動歯ブラシの歯周病の汚れをかき出し、歯周病の原因となる汚れを落とす技術は歯科医師も感心しているようです。

しかし電動歯ブラシが代わりにやってくれるのはブラシを小刻みに動かすことです。

当たり前ですが、歯ブラシを磨きたい位置まで移動させる作業は、自分自身でやらなければなりません。

そのためいくら高機能な電動歯ブラシを使っていても、磨きたい部分にブラシをあてることが出来なければ、機能を活かすことは出来ません

正しい歯の磨き方「バス法」

歯周病予防に効果的と言われているのが「バス法」という磨き方です。

持ち方はえんぴつ持ちで、力が入りすぎないようにするのがポイントです。

毛先を歯と歯ぐきの間に45度の角度であて、歯と歯ぐきの間に入れ込むような形で、歯ブラシの柄を細かく振動させて磨きます

歯と歯ぐきの間の歯垢をとることと歯ぐきをマッサージすることで、歯周病予防にとても効果的です。

これを電動歯ブラシに置き換えることで、小刻みに動かすことを電動でアシストしてくれます。

おすすめの口腔ケア用品!

次におすすめの口腔ケア用品を紹介していきます。

電動歯ブラシと歯間ケアのフロスについてそれぞれ解説していきます。

電動歯ブラシのおすすめ

引用:クラプロックスHP

クラプロックス【ブラックisホワイト電動歯ブラシ 粉歯みがきプレゼントつき】

クロプラックスとは世界75か国で支持されている、スイス発の歯ブラシです。

この電動歯ブラシの特徴は、最大42,000回振動レベル音波式電動歯ブラシという点です。

音波振動の電動歯ブラシは、ブラシが上下左右に動くため、歯と歯ぐきの隙間にフィットして汚れを浮かしとることが得意です。

さらにブラシヘッドにもポイントがあり、10度に曲がっていることや小さめに作られていることによって、前歯の裏側や奥歯までしっかり届くような構造となっています。

日本では特定の歯医者でのみ販売されていましたが、2018年10月から幅広いチャンネルでの販売をスタートしました。

さらに今なら、カーボン入りの「ホワイトニングパウダー」が無料でプレゼントされるキャンペーンも行っています。

引用:GALLEIDO DENTAL MEMBERHP

GALLEIDO DENTAL MEMBER【電動動歯ブラシ本体無料・月280円】

電動歯ブラシの本体や替えブラシが高くて中々手を出すことが出来ないという方におすすめです。

なんと替歯ブラシ代の月280円(税別)という低価格で利用できる、国内初の電動歯ブラシのサブスクなんです。

初回に電動歯ブラシ本体と替歯ブラシがセットで届き、その後は定期的に替歯ブラシが届きます。

さらにこれだけのコストパフォーマンスの良さで、最大37,000回振動レベルの音波式電動歯ブラシで、洗浄力は普通の歯ブラシの100倍だと言います。

最低利用期間は「受取3回」のため、3回以下での解約の場合は解約手数料1,980円がかかります。

しかし4回受け取っても1,120円(税別)と考えれば、お得ですよね。

こうした日用品関連のサブスクは、ユーザーの「商品を安く使いたい」という考えを叶えてくれるのでとても嬉しいサービスだなと思います。

歯間フロスおすすめ

引用:フロアフロスHP

フロアフロス【歯茎のためにつくられたオーラルフロス】

こちらは、アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでも購入できます。
ロールタイプのフロスで、使い方は両手で持ちやすい適当な長さでカットし、歯の間に入れて上下前後に動かします。
歯茎を傷つけないよう唾液の水分で384本の繊維がふわっと広がるため、歯茎にやさしく汚れも効率よく絡め取ることができます
さらにフロアフロスには通常のワックスなしタイプと、スタートアップというワックスありのタイプがあります。
ワックスありのタイプは歯間をスルスルとすり抜けるので、初心者でも使いやすくなっています。
しかし一方で、汚れを絡め取らないまま素通りしてしまうというデメリットもあります。
しかしこのスタートアップは、初心者が奥歯でも上手に通すことができ、汚れもしっかりからめとってくれる、絶妙なワックスの量となっています。
歯みがきだけしても、全くフロスを使わないと歯周病のリスクは高くなります。
まずは1週間に1回でも歯間ケアをすることをおすすめします。

早いうちから歯の投資を始めよう!体に及ぼす悪影響やケア方法を解説!まとめ

普段の口腔ケアを怠ると口の中だけでなく、様々な病気のリスクが高くなることがわかりました。

また「人は見た目が9割」といわれますが、その中でも人間が最初に見るのは口元です。

実はそう考えると口元は、服装や髪型以上に気を配るべき場所なのかもしれません。

今回セルフケアとしておすすめな電動歯ブラシと歯間フロスをご紹介しました。

高性能な電動歯ブラシが幅広いチャンネルでの販売をスタートしたことや

低価格で始められる電動歯ブラシのサブスクが国内からスタートしたことを考えると、日本人も歯に関心を持ち始めたことがわかりますね。

ぜひ歯医者での定期健診と普段の口腔ケアの2つの積み重ねで、歯の投資を始めてみましょう

最後まで読んで頂きありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも静岡県民の管理人ゆずゆが、静岡の魅力を発信していきます♫

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる