SoftbankonLINEに乗り換えるべき?プラン内容徹底解説!

こんにちはゆずゆです。

ソフトバンクがLINEとコラボした『Softbank on LINE』という新たなオンライン専用のブランドを発表しました。

楽天モバイルやahamoに続く、20GBで2,980円のお得なプランとなっています。

今回『Softbank on LINE』とはどんなプランなのか、またソフトバンクの新たなプラン展開についても詳しく解説していきます。

目次

『Softbank on LINE』とは?

2021年3月から提供開始する『Softbank on LINE』の特徴は以下の通りです。

  • 料金プラン2,980円
  • データ通信料は20GBで超過後は最大1Mbps
  • LINEのギガがノーカウント
  • 5分以内の国内通話が無料
  • 3G~5Gに対応
  • ソフトバンクの自社回線のため安定
  • eSIMに対応予定
  • 基本的な移行手数料が0円
  • 手続きはオンラインのみ

ひとつずつ解説していきます。

料金プラン2,980円/データ通信料は20GBで超過後は最大1Mbps

ソフトバンクは、データ容量20GBを月額2,980円で利用できる料金プランを発表しました。

データ20GB超過後も、最大1Mbpsまで利用することが出来ます。

データ容量や金額的には、楽天モバイルやahamoと同等のプランとなります。

LINEのギガがノーカウント

LINEトークやLINE通話などを対象とした『LINE』のギガが、データ容量である20GBに含まれません

そのためLINEアプリ利用時は、ギガを気にせず使い放題となります。

ただし技術的な要因によって対象外となるサービスもあり、詳細は後日発表するとのことでした。

5分以内の国内通話が無料

5分以内の国内通話であれば、何回でも無料となります

音声通話というのが、ポイントが高いところですね。

5分超過後は、30秒ごとに20円かかります。

電話をよく利用する方は、5分超過後も国内通話が無料で利用できる、月額1,000 円のオプションに加入することも出来ます。

3G~5Gに対応/ソフトバンクの自社回線のため安定

Softbank on LINEは3G~5Gに対応しています。

またネット回線がソフトバンクの自社回線のため、クオリティの高いネットワークを利用することが出来ます

ソフトバンク、Yモバイル、Softbank on LINE3つとも、23万か所の基地局サイトがあるソフトバンクのネットーワークを利用できるとういことになります。

eSIMに対応予定

『eSIM』とは組み込み式のSIMカードのことを言います。

通常SIMカードは取り外すことが出来ますが、eSIMの場合はSIM機能があらかじめ端末に組み込まれていて、そこに必要な情報をあとから追加で書き込むことが出来ます

そのため、契約者情報等をSIMカードの差し替えなしで、ネットワーク経由で自由に書き換え出来るため、契約や変更の際にわざわざ店舗まで行ったり、SIMカードが届くのを待ったりする必要がなくなります。

ネットさえあればいつでもどこでも新規契約をしたり乗り換えが可能なため、経済的にも時間的にもコスト削減になるメリットがあります。

基本的な移行手数料が0円

ソフトバンクグループ内でブランドを移行する場合は、契約解除料、番号移行手数料、契約事務手数料はすべて0円となります。

ソフトバンクやワイモバイルを契約していたユーザーにとっては、検討してみるのもいいでしょう

手続きはオンラインのみ

Softbank on LINEの特徴は、店舗を持たないオンラインブランドであることです。

手続きはLINEアプリ内と、WEBでの手続きのみとなるためサービスの契約など、全ての手続きをオンライン上で行なうことが出来ます。

この破格のプラン料金は、手続きがオンラインのみであることが大きいと考えられます。

ソフトバンクの新たなプラン展開とは?

今回の発表に伴い、ソフトバンクは3つのブランドで展開されます。

  • オンライン専用の「SoftBank on LINE」
  • 小・中容量の「Y! mobile」
  • 大容量・無制限の「ソフトバンク」

ひとつずつ解説していきます。

オンライン専用の「SoftBank on LINE」

SoftBank on LINEは、基本的にオンライン専用として提供されます。

契約やサポートサービスは全てオンラインであるため、毎月20GBまで使えて月額2,980円という格安のプラン料金を提供できるのでしょう。

そのためメインターゲットは、オンライン経由での申し込みに抵抗のない、ある程度のITリテラシーをもつ年代だと考えられます。

申込は店舗で行いたい人や、相談事はサポート窓口へ行きたい人にとってはSoftBank on LINEの契約は慎重に検討することをおすすめします。

料金が抑えられている反面、サポート面は割り切ることを理解しておくことが重要です。

そもそもこの新ブランドは、ソフトバンクがLINEとコラボしてできたブランドですが、従来から提供されていたLINEモバイルとは全く別のものになります。

あくまでソフトバンクのネットワークをそのまま使った『MNO』としてのプランであり、『MVNO』としてのサービスではありません。

LINEモバイルはこれからもサービスを続けるものの、3月以降は新規契約の受付は停止されます。

小・中容量の「Y! mobile」

ワイモバイルは2021年2月より5Gのサービス提供に伴い、3つの『スマホベーシックプラン』から3つの『シンプルプラン』へと変更します

  • シンプルS 月額1,980円で、月間通信容量3GB(超過後の通信速度は最大300kbps)
  • シンプルM 月額2,980円で、月間通信容量10GB(超過後の通信速度は最大1MbpS)
  • シンプルL 月額3,780円で、月間通信容量20GB(超過後の通信速度は最大l Mbps)

3つとも、従来のプランと異なり無料の音声通話は付きません

ただし、月額700円で10分以内の国内通話が無料になる「だれとでも定額」と、月額1,700円で10分以上の国内通話も無料になる「スーパーだれとでも定額(S)」のオプションサービスが用意されていて、追加することが出来ます。

小、中容量のワイモバイルは、容量と価格面をみても立ち位置が微妙に見えますが、実店舗がある点が最大のメリットでしょう。

店頭に訪れた人に、SoftBank on LINEと同価格で案内できる料金プランとして、提供することが出来ます。

☟ワイモバイルの詳しい内容は、こちらの記事で解説しています

大容量・無制限の「ソフトバンク」

ソフトバンクでは、2020年3月に4Gと5G共通の新料金プランとして「メリハリ無制限」を開始することを発表しました。

メリハリ無制限とは、月額6,580円でデータ通信無制限というプラン内容となっています。

ちなみに月額6,580円は『基本プラン:月額900円・データプランメリハリ無制限:月額5,600円』のセット料金となっており、デザリング及びデータシェアは月間30GBまでとなっているので注意してください。

さらに月間通信容量が3GB以下の場合、月額6,580円から自動で1,500円の割引きが適用される仕組みとなっています。

ソフトバンクは、従来の「メリハリプラン」として提供されていた月50GBまでのプランから、月額6,580円に値下げされ、さらにデータ容量が「無制限」に変わる新プランを打ち出しました。

コロナ禍でズーム会議などオンライン上でのビジネス機会が増え、ギガが足りず速度制限に悩まされた方もいたのではないでしょうか。

そんな方たちにとっては、データ通信無制限はとても嬉しいプランですよね。

SoftbankonLINEに乗り換えるべき?プラン内容徹底解説! まとめ

SoftBank on LINEの特徴は以下の通りとなります。

  • 料金プラン2,980円
  • データ通信料は20GBで超過後は最大1Mbps
  • LINEのギガがノーカウント
  • 5分以内の国内通話が無料
  • 3G~5Gに対応
  • ソフトバンクの自社回線のため安定
  • eSIMに対応予定
  • 基本的な移行手数料が0円
  • 手続きはオンラインのみ

デメリットとして考えられる点は以下の3つです。

  • キヤリアメールは利用できないと考えられる
  • ソフトバンクとSoftBank on LINE間での家族割の適用無し
  •  現段階では対応端末の提供状況が明らかとなっていない
  • 料金が抑えられている反面、サポート面は割り切ることを理解しておく

SoftBank on LINEの発表に伴い、ワイモバイル・ソフトバンクも新たなプラン内容を発表しました。

ソフトバンクユーザーで、ある程度ITリテラシーが高い方は、シンプルで安いSoftBank on LINEへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

キャリアが料金プランを改定するきっかけとなった「携帯料金引き下げ」の提言により、安さが注目されがちですが、シンプルで分かりやすいことも重要です。

自由に選択が出来るようになったからこそ、事前リサーチをおこたらず、情報を精査して自身のライフスタイルに合ったものを取り入れましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも静岡県民の管理人ゆずゆが、静岡の魅力を発信していきます♫

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる