FM310cafe|こだわりのハンドドリップコーヒーと昭和レトロな空間!

ゆずゆ

こんにちは。イーストしずおかの管理人ゆずゆです。

自宅の一画にある隠れ家的カフェ「FM310CAFE(えふえむさとうかふぇ)」。

一杯ずつ丁寧にハンドドリップで淹れるコーヒーがとっても美味しいんです。

ご夫婦で営むアットホームな空間を、早速覗いてみましょう!

目次

「FM310cafe」家の一画にある小さなカフェ

コーヒー好きのマスターとお話し好きな奥様が、会社員の傍らカフェを営んでいます。そのため、平日は夜からオープンする珍しカフェです。

駅名標のような看板が夜の街に映えておしゃれですね~!

店名のFMはご夫婦の名前の頭文字、310は苗字を数字で語呂合わせしたのが由来なんだとか。

懐かしの駄菓子コーナーは、来てくれたお客様に配っているそうで、マスター夫婦の温かさを感じます。この入れ物からなにから、懐かしさを感じますね!

カラフルで可愛いカウンター席。

まるで学校の机のようなかわいいテーブル席。横にあるバッグ掛けに、「横断バッグやらランドセルやら掛けてたな~」と懐かしい気持ちになります。

カフェスペースの奥にあるマスターの趣味部屋は、昭和レトロを感じさせるモノで溢れています!

「自由に上がっていいよ~」とのことなので、くまなく拝見させていただきました!(笑)

カメラが趣味だというマスターのコレクションたち。眺めているだけでテンションが上がります!

サザンオールスターズの大ファンだというマスター夫婦。ファンクラブ会報「代官山通信」がなによりの証ですね!

お客様にもサザンファンが多いので、お店ではよくサザンが流れています♪

FM310cafeのメニュー

メニュー

ドリンク

  • ドリップコーヒー
    (HOT・ICE)    500円(税込)
  • ネルドリップコーヒー 550円(税込)
  • 紅茶
    (HOT・ICE)    500円(税込)
  • ハーブティー     500円(税込)

フード

  • ナポリタン      600円(税込)
  • ホットドッグ     450円(税込)
  • チーズケーキ     300円(税込)
  • アップルパイ     300円(税込)
  • あんぱん       200円(税込)

※一部抜粋

点滴ドリップで淹れるこだわりコーヒー

コーヒーの淹れ方が特徴的で、点滴ドリップという淹れ方でコーヒーを淹れています。

ドリップとは通常、ポットを傾けてのの字を書くように線をつくり、ゆっくりとコーヒー粉にめがけて注湯していきます。

この線を点に変えてしまうのが、点滴ドリップです。

名前の通り、点滴のようにお湯を落としていくイメージを持ってもらうとわかりやすいでしょう。

ドリップコーヒー

一点めがけて、ゆっくりゆっくりと注湯していきます。

だんだんと膨らんできましたね!

コーヒーを淹れる時間は、4~5分ほど。コーヒーの層を早く通るか、ゆっくり通るかで味の濃淡がきまります

一点に注湯するため、このように珍しい膨らみ方をするんです。面白いですよね!

点滴ドリップをするとおのずとゆっくりになるので、濃い味わいのコーヒーが出来上がります

こちらは、三島のコーヒーショップFERRET COFFEEフェレットコーヒー)の豆を淹れたモノ。

深いコクの中に、甘みを感じます。冷めてからはより一層甘みを感じ、熱々の時とはまた違った風味を感じられました。一度で二度楽しめるコーヒーです。

ネルドリップコーヒー

ネルドリップとは、ネルで作られた布製フィルターを使う抽出方法のことを言います。

そのため、ペーパーよりもハッキリ・ドッシリとした味が出ます

ただ、一つ間違えれば物足りない味になりやすかったりと抽出が難しいんですよね。

プロが淹れてくれるからこそ、一層美味しいコーヒーを味わうことができます。

こちらは、マスターが自分好みの深煎りを自家焙煎したモノ。

ネルドリップで淹れることで、ハッキリと深みを出しながらも少し酸味を感じたりと、とても奥深いコーヒーです。若干、豆の甘みも感じられて、とても美味しかったです

美味しい料理やデザートが満載!パン・あんこ・ドレッシングが自家製!?

ナポリタンとホットドッグを今回特別にプレートにしてくださいました!

喫茶店といえばナポリタン!フレッシュなトマトとシンプルな味付けでどこか懐かしい味わい。

ホットドッグのパンは自家製で、ふわふわなコッペパンにソーセージと野菜、自家製ドレッシングが絶妙にマッチしています!

付け合わせのサラダ。こちらもホットドック同様の自家製のドレッシングを使用。このドレッシングが美味しくて、パクパク食べてしまいました!

コーヒーぜんざいのコーヒーゼリーは、店主の自家焙煎したコーヒーを使用。自家製あんことバニラがコーヒーの苦味をマイルドにしてくれます。

ベイクドチーズケーキは、しっとり濃厚!付け合わせのゆずジャムとの相性もGOOD◎

奥のあんぱんは、パン、あんこともに自家製なんだとか。こだわりいっぱいのメニューが満載です!

トニックウォーターを注ぎ、その上から静かにエスプレッソを流し入れるコーヒートニック。

さわやかでほろ苦い、クセになるような大人の味を楽しめます。

ゆずゆ

FM310cafeの常連さんたちとシェアしながら、たくさんのお料理を楽しむことができました!アットホームな空間に、とっても癒されました♪

FM310cafeアクセス・営業時間・駐車場

住所 静岡県沼津市双葉町1−7
電話番号
定休日月曜日
営業時間火~土曜日17:30~20:30
日曜日  10:00~17:00
座席数カウンター席:3席
テーブル席:2席
駐車場2~3台(無料)
公式HPFM310cafe
公式SNSFacebook
Instagram
Twitter

まとめ

昭和レトロな空間と、美味しいこだわりコーヒーが飲める”FM310cafe”。

FM310cafeの仲間たちがとってもウェルカムないい人たちばかりで、楽しいコーヒータイムを過ごすことができました。

昔住んでいた町や聴いていた音楽など、かつて慣れ親しんでいたものにふれて「懐かしさ」を感じると、ストレスが緩和にもなるそうですよ。

美味しいコーヒーと、どこか懐かしい空間にぜひ癒されに行ってみてください!

この記事が面白いなと思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです☟

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも静岡県民の管理人ゆずゆが、静岡の魅力を発信していきます♫

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる