ドコモの新プランahamo(アハモ)とは?メリット・デメリットも解説!

こんにちはゆずゆです。

2020年12月3日にNTTドコモの新プラン「アハモ」が発表されました。

月額2,700円で20GB使い放題と、他社と比べても圧倒的な安さをうたっています。

そんな「アハモ」のプラン内容やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。

目次

アハモとは?

アハモとは、NTTドコモが提供する月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)で利用できるお得な新料金プランです。

NTTドコモは3月1日に新料金プラン「ahamo」を2,700円(税抜)に値下することを発表しました。

auやソフトバンクの新プランでは、従来の2,980円に無料通話をオプションとして2,480円としていますが、ahamoは5分以内の無料通話を含んでいます。

月間データ容量上限の20GBを超えた場合でも、最大1Mbpsの通信速度で利用することが出来ます

一見サブブランドのMVNO(格安SIM)と勘違いしやすいですが、メインブランドの新料金プランであるためドコモの回線を使うことが出来ます

プラン内容もとてもシンプルで、主に若者をメインターゲットとしています。

  • 料金プランは条件無しの2,700円(税抜)ひとつのみ
  • データ20GB、5分以内国内通話無料
  • ドコモの5GエリアとXi(LTE)エリアを利用できる
  • オンライン申し込みで完結

ドコモがここまで安い料金を提供できる理由は、アハモの受付がオンラインのみで、店舗などのサポートを一切なくしことにあります。

ライフスタイルに合わせた3つの料金プラン

ドコモは、一人ひとりのライフスタイルに合わせて複数の料金プランを提供することを発表しました。

  • Premiere(プレミア)/従来と同様の店頭サポートを含む/ギガホ・ギガライト
  • New(ニュー)/オンライン申し込みのみ/ahamo(アハモ)
  • Economy(エコノミー)/MVNOとの連携による低価格プラン/今後展開

プレミアに当たる「ギガホ/ギガライト」の後継に当たる新しいプランも、2020年12月中に発表されるとのことです。

そもそもアハモは、若者離れの懸念から生まれた新プランです。

社会人になると約5割の人が、スマートフォンを家族名義から個人名義に変更します。

現行プランである「ギガホ/ギガライト」は、家族で使うことで割引ができる仕組みのため、個人としてぴったりなプランを提供したいという思いから、アハモが生まれたとのでことです。

アハモのメリットとは?

  • 月額2,700円(税抜)
  • 月間データ容量20GB
  • 20GB超過後も最大1Mbpsの通信速度で利用可能
  • 国内通話が1回5分まで無料(5分以降20円/30秒)
  • dアカウント/dポイントは継承可能
  • 海外82の国と地域で、月間データ容量以内は使い放題
  • SIMカードのみでの契約可能
  • 事務手数料・機種変手数料・MNP手数料が無料
  • 2年定期契約や解約金の設定もない
  • オンラインで申込が完結できる

アハモのメリットは、なんと言っても月間データ容量20GBで月額2,700円の格安料金プランであることです。

それに加え、5分間の通話が無料であることも大きなメリットと言えます。「かけ放題オプション」を1,000円で追加することも出来ます。

また海外82の国と地域で、追加料金無しで20GBデータ通信を利用することが出来ます

海外に行くたびに、モバイルWi-Fiをレンタルしたり、別途で海外で使える有料プランを契約する必要がないので、海外に行くことが多い人にとっては嬉しいプランでしょう。

15日を超えて長期間海外で利用する場合は、通信速度が制限されるので注意してください。

海外82の国と地域

アイルランド アゾレス諸島 アメリカ アラスカ アンドラ イギリス イスラエル イタリア・バチカン インド インドネシア エクアドル エジプト エストニア オーストラリア オーストリア オマーン オランダ カタール カナダ カナリア諸島 韓国 カンボジア キプロス ギリシャ グアム クロアチア サイパン サウジアラビア サンマリノ シンガポール スイス スウェーデン スペイン スペイン領北アフリカ スロバキア タイ 台湾 チェコ 中国 チリ デンマーク ドイツ トルコ ナウル ニュージーランド ノルウェー 米領バージン諸島 バチカン アメリカ(ハワイ) ハンガリー バングラデシュ フィジー フィリピン フィンランド プエルトリコ ブラジル フランス ブルガリア ブルネイ ベトナム ペルー ベルギー ポーランド ポルトガル 香港 マカオ マディラ諸島 マレーシア 南アフリカ ミャンマー メキシコ モナコ モロッコ ヨルダン ラオス ラトビア リトアニア リヒテンシュタイン ルーマニア ルクセンブルク レソト ロシア

※「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は、別途料金がかかります。

アハモのデメリットとは?

アハモは、従来プランと比べた「安さ」が話題を集めています。

しかし2,700円という金額や20GBというデータ容量だけが独り歩きしてしまい、オンライン限定というコンセプトが置き去りになりがちです。

事前にリサーチし、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

  • オンライン申込限定
  • ドコモインフォメーションセンター(電話窓口)を利用できない
  • 契約は20歳以上から
  • 動作確認済み端末が発表されていない
  • キャリアメールが使えない
  • 5GエリアとXi(LTE)エリア以外のFOMA(3G)エリアでは利用できない
  • 海外ローミング200の国と地域→82の国と地域
  • 既存の割引が併用できない

オンライン申込限定/(電話窓口)を利用できない

アハモは、契約申込や契約後の変更手続きなどは、すべて「オンライン」や「専用アプリ」 からの申し込みとなります。

問い合わせやサポートに関しても、すべてテキストチャットでの提供となります。

そのため、ドコモショップやドコモインフォメーションセンターなどの電話でのサポートは利用できません。

しかしメインブランドの料金プランのひとつとなれば、ドコモショップで契約したいという人が店頭に殺到する可能性も十分にあります。

そういった人に対して追い返したりはしないとのことですが、実際にどのように対応するかはまだはっきり分かっていません。

契約は20歳以上から

従来のドコモプランでは、中学生(13歳)以上であれば本人名義で回線契約をすることが出来ます。

しかしアハモは、20歳以上でないと本人名義での回線契約が出来ません

未成年(20歳未満)を「利用者」として登録する場合は、契約を20歳以上の親権者の名義に変更した上で、利用者登録する必要があります。

動作確認済み端末が発表されていない

アハモ端末は、動作確認が出来次第順次公式サイトにて発表されるとのことです。

特に人気の高い端末を提供する予定であるとのことでしたが、iPhoneのような人気モデルがアハモで購入できないとなると、早々にプラン変更してしまったユーザーは「だまされた」と感じてしまうでしょう。

キャリアメールが使えない

アハモは、ドコモの新料金プランという扱いになっていますが「@docomo.ne.jp」のキャリアメールアドレスを利用することが出来ません

また、すでにドコモのメールアドレスを持っていても、アハモへプラン変更をした時点で、利用できなくなります。

「有料のオプションサービスで追加」といったことも出来ないため、キャリアメールアドレスが必要という人は、注意が必要です。

FOMA(3G)エリアでは利用できない/海外ローミングエリアが狭い

アハモは、ドコモの5GエリアとXi(LTE)エリアで利用できますが、FOMA(3G)エリアでは利用することが出来ません

そもそもFOMAエリアとは、山間部や海上など電波の届きづらいエリア向けのためのサービスです。

FOMAしか使えないエリアはごくごく一部ではありますが、圏外になってしまうので注意しましょう。

さらに、アハモの国際ローミングエリアが82の国と地域で提供されているのがメリットではありますが、実際使える国や地域は大きく減っていま

ドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」では、200以上の国と地域で国際ローミングサービスの利用が可能です。

もし今後海外渡航の予定がある場合は、あらかじめローミング可能かどうか確認しておくことをおすすめします。

既存の割引が併用できない

以下の既存プラン向けの割引を併用することが出来ません。

  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • dカードお支払割
  • ファミリー割引

アハモは、ドコモ回線としてカウントされません

「みんなドコモ割」では、カウント対象の3回線のプランを契約していると、割引対象のプランのユーザーはそれぞれ1,000円割引かれるシステムです。

そのため家族3人でドコモを契約している場合、家族3回線なら1,000円割引が適応され、累計で3,000円が割り引きされます。

一方2回線はドコモ契約・1回線がアハモ契約となった場合、計3回線とはカウントされず、2回線分となり、1回線あたりの割引額は500円、つまり累計1,000円しか割引きされないことになります。

ファミリー割引の「家族内通話無料サービス」についても、アハモは対象外です。

ドコモの新料金プランであるなら、この部分も配慮してほしかったと感じます。

また、固定インターネット回線ドコモ光を利用してセット割引が適用される「ドコモ光セット割」サービスも好評です。

しかしアハモは、このドコモ光とのセット割引サービスも対象外となっています。

ドコモ光セット割が適用されないため、ドコモ光の料金的なメリットはだいぶ薄まるでしょう。

アハモはいつから開始?

アハモは「2021年3月」からサービスが開始しますが、提供開始に先立ち2020年12月3日~提供開始日の前日まで、専用サイトで先行エントリーを受付けています

電話番号とメールアドレスを登録し、提供開始後にアハモを契約することで、dポイントを3,000ポイント獲得することが出来ます

ドコモからの移行も、MNP転出が必要となります。(手数料無料)

「システムが間に合わなかった」とのことで、2021年5月からはMNPの手続きは不要となり、プラン変更という形で移行できるようになります。

ドコモの新プランahamo(アハモ)とは?メリット・デメリットも解説! まとめ

ドコモの従来のプランは、家族で使うことでメリットが最大化される仕組みでした。

しかしアハモは、自立した若者「デジタルネイティブ世代向け」につくられた新プランです。

申し込みやアフターサービスをオンラインで完結させることで、格安のプランを実現させました。

デメリットについて詳しく解説してきましたが、それを踏まえたうえで、ターゲットを絞り込んだわかりやすいプランとなっており、筆者自身とても良いサービスだと感じました。

日本の通信費は、料金が高い分至れり尽くせりでした。

どこにでも携帯ショップがあり便利ですし、なんでも相談にのってもらえました。

しかし自分でしっかり勉強しないと、日本でも安いサービスは受けられなくなってきましたね。

自由に選択が出来るようになったからこそ、事前リサーチをおこたらず、情報を精査して自身のライフスタイルに合ったものを取り入れましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも静岡県民の管理人ゆずゆが、静岡の魅力を発信していきます♫

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる