【沼津カフェ】コーヒータンドル|こだわりの一杯とやさしいひと時を

沼津市吉田町の住宅地にあるお店「コーヒータンドル」

産地や農園にこだわり、厳選された豆だけを使った“ここでしか味わえない一杯”を提供してくれます。

今回は、そんなこだわりのコーヒーが楽しめる、隠れ家のような喫茶店をご紹介していきます。

こんな人におすすめ

✓コーヒーが大好きな方

✓淹れたてのコーヒーを味わいたい方

✓世界各国のコーヒーを楽しみたい方

✓隠れ家的カフェを探している方

目次

一軒屋をリノベーションした隠れ家のような喫茶店

マスターが大のコーヒー好きで、コーヒーカップを集めるのも趣味だったことから、一軒家を自身でリノベーションしてつくったお店だそう。

コーヒータンドル

早速、お店の中に入ってみましょう♪

コーヒータンドル

温かみのあるオレンジのライトと、木を基調とした落ち着いた店内。

コーヒータンドル

カウンター席は、マスターがコーヒーを淹れている姿や、お話ができる贅沢席です。

さらに英国を中心とした100種類以上のカップ&ソーサーが並び、空間を華やかにしています。

※現在コロナウイルス対策として、ビニールカーテンを取り付けています。

コーヒータンドル

ゆったりとした時間を楽しめるソファー席。その他、テーブル席があります。

コーヒータンドル

コーヒータンドルのメニュー

こちらは冬のメニュー。毎シーズンごとコーヒー、パンケーキがリニューアルします。

手作りケーキは日替わりのため「今日のケーキは何?」と聞くのが楽しみのひとつだったり。

コーヒータンドル

コーヒーの好みによって、おすすめの豆を選別してくれます。

もちろんマスターに聞けば、よりあなたに合った豆を淹れてくれますよ。

コーヒータンドル

右ページのmonfavori(モンファボリ)とは、利きビールならぬ利きコーヒー

ショートカップで、2種類のコーヒーを楽しむことができます。

コーヒータンドル

パンケーキを7枚重ねた「タンドルタワー」も魅力商品のひとつです。

コーヒータンドル

この道10年のマスターが淹れるコーヒ!

コーヒーを挽いて粉にすると、味の劣化が早まります

そのためコーヒーを挽いて淹れる工程は、鍛錬された技術によりわずか2分。

コーヒータンドル

コーヒー豆によって油の量が違うため、透明タイプは浅煎り専用、黒いタイプは深煎り専用となっています。

「深煎り」すると豆に含まれている油脂分がしみ出してくるため、このように使い分けているのだとか。

コーヒータンドル

粉上に挽いた豆をドリッパーに入れ替えます。

ゆっくりとお湯を注ぐことで、こんもりとコーヒーの粉が膨らんでくる様子は楽しくて、ついついじっと見入ってしまいますね。

コーヒータンドル

絶品オーナーブレンドと、とろけるケーキたち!

セレクトしたカップはこちら!英国の気品漂うカップ&ソーサーが気分を上げてくれます。

コーヒータンドル

16種類の中からセレクトしたコーヒーは「春セゾン」※3、4、5月のみ

毎シーズンごとマスターオリジナルのブレンドコーヒーを楽しむことができます。

春セゾンは浅煎りで、フルーティな味わいが特徴。飲むときの温度によって感じる風味も異なり、温度が高い時はよりフルーティな風味を感じます。

コーヒータンドル

2種類のコーヒーが楽しめる利きコーヒー

(左)サンマリノ貴公子は名前からも人気の高い浅煎りコーヒー。さわやかではありますが、ほんのり苦みも感じられます。

一方、(右)マンデリンビッグアチェは重みのある深煎りコーヒー。深みの中にコクのある、香り高い味わいとなっています。

コーヒータンドル

タンドルのコーヒー豆を使ったチーズケーキ「タンドルチーズケーキ」

甘さ控えめで、コーヒーの香りがふわっと香るとても上品なチーズケーキ。

コーヒータンドル

もちもち食感のパンケーキを7枚重ねた「タンドルタワー」

パンケーキの塩気と、メープルシロップが絶妙にマッチして絶品!

1枚1枚のサイズが直径7cmほどでコンパクトなので、女性でもペロっと食べられます。

コーヒータンドル

コーヒータンドルのアクセス、駐車場、営業時間

住所 静岡県沼津市吉田町15-15
電話番号 055-941-7672
定休日 水曜日、木曜日
営業時間 11:00~20:00
駐車場 有(5台)
公式HP コーヒータンドル
公式SNS facebook
Instagram

まとめ

コーヒータンドルには、「コーヒーに興味がある!」または「美味しい淹れ方を知りたい!」と言って来店されるお客様も多いのだとか。

もちろん、マスターがやさしく教えてくれます。

取材中常連のお客様が来店し、仲睦まじくお話しされているアットホームな雰囲気に、とても心が温まりました。

まだ行ったことがない方も、ぜひ足を運んでみてくださいね。

☟あなたのクリックが励みになります

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも静岡県民の管理人ゆずゆが、静岡の魅力を発信していきます♫

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる